無料カウンセリング予約はこちら

ドクター・スタッフ紹介

院長紹介

プロフィール

  • 1979年3月(昭和54年) 福岡歯科大学卒業
  • 同年4月(昭和54年)福岡歯科大学矯正学講座入局
  • 大学で学生の指導を行う
  • 1990年 8月(平成2年) 日本矯正歯科学会認定医取得
  •   同年10月(平成2年) ひめの矯正歯科を福岡市に開業
  • 1991年11月(平成3年) 日本矯正歯科学会指導医取得
  • 1999年 8月(平成11年)現住所に移転
  • 2011年 11月(平成23年)日本舌側矯正歯科学会リンガル矯正認定医取得

所属学会

  • 日本矯正歯科学会
  • 日本小児科歯科学会
  • 日本顎関節学会
  • 日本舌側矯正歯科学会

私は大分県の玖珠という、当時水道も通っていない、当然道路も舗装されていない田舎で生まれました。現在では切り株山がハングライダーのメッカとして有名になっているそうですが、今でも豊かな自然が残る、空気の美味しい大切な私の故郷です。

子供時代

私は両親・兄・姉の5人家族の末っ子として生まれました。祖父・父・兄はみんな医者という医者一家の中で育ちました。父は素朴で裏表のない人柄で、ご近所からの信頼は厚い医者でしたが、往診で診察が終わる度にお酒を振る舞われ、行く先々で飲んではバイクで次の往診先に向かうというムチャクチャな医者でもありました。今でもよく覚えているのが、小学5年生の夏休み、父の往診用バイクに乗って大怪我をした事です。父に腕を数針縫ってもらいましたが、父はすでにかなり酔っており、子供ながらに不安でした。幸い治療は無事?に終わり、父が外科医であったことを初めて感謝しました。

外で遊ぶのが好きで、ケガの絶えない私にとっては、父が医師であることは非常にありがたかったです。

中学時代~高校時代

中学校は大分市内の付属中学校に行くことになり、親戚の家に3年間下宿しました。精神的に幼かったからか、なかなか下宿先になじめず、勉強にも身が入りませんでした。かわりに部活(剣道)や、友人達とラジコンカーで遊んでばかりいました。

部活や友人と遊ぶ時以外は辛かった中学時代でしたが、時々下宿先に母が持ってくるさば寿司が当時の何よりの楽しみでした。

高校2年の時、父が他界しました。

小学校の頃は、旅行好きで色々な所へ行ってみたいという気持ちからパイロットに憧れていましたが、視力が悪かったため断念せざるを得ませんでした。進路を真剣に決める時期になり、「父の様にたくさんの患者さんから愛される医師になりたい」という思いと、「病気で早くこの世を去った父の無念を晴らしたい」という気持ちから、もう一つの夢である医師への道を目指すようになりました。

ところが医学部を目指して受験したものの、どうしてもうまくいきませんでした。2度の受験に失敗した後、父のいなくなった母にあまり心配をかける事もできず、残念ながら医学部は断念しました。しばらくはその事実を受け入れられず、呆然としていましたが、父の様に患者さんに接する仕事として歯科医師の道もあると考え、歯科の道に進学することに決めました。

大学時代~医局時代

大学時代は歯科医師の国家資格の習得を目指し、勉学に励みました。その中でも、私は特に矯正歯科に強い興味を抱きました。その理由は患者さんの口の中の環境が劇的に良くなることに感動したからです。歯は治療で削ってしまえば元に戻りませんし、治療後の歯は寿命が短くなってしまいますが、矯正は患者さんの口腔内そのものが改善し、それが生涯持続します。また単に歯並びが改善するだけでなく。長年の口元や歯に対するトラウマや悩みが解消し、患者さんが心から喜んでくれることも矯正に惹かれた理由の一つです。

卒業後は大学に残り、矯正歯科の医局に入りました。医局に入局して3年目に母が他界しました。もし母がもっと長く生きていたら自分の好きな矯正の道を断念して、実家の玖珠に帰り一般歯科を開業していたかもしれません。しかし、母の死によって福岡の地で矯正歯科医としてやっていくことを後押しされた気がして、矯正歯科医を続ける決心がつきました。以後9年間大学生の指導や研究、患者さんの治療に専念し充実した日々を過ごしました。

開業

合計で11年間大学の矯正科にいましたが、研究より患者さんの診察の方が好きだった私は、医局で知り合い結婚した現在の副院長や友人の薦めもあり、2人で一緒に天神で開業しました。以来たくさんの患者さんに来ていただいてますが、やはり最初の患者さんは忘れられません。当時医学部の学生さんでしたが、今では立派な女医さんとして頑張っていらっしゃると思います。

また思い出深いのが、私と同郷の患者さんです。毎月大分の玖珠から通院して頂き、治療を続けるうちに親しくなり、診療後に家族ぐるみで食事などさせていただいていましたが、結婚式にまでご招待してくださいました。
式の当日、結婚の祝福を多くの人から受け、満面の笑顔の花嫁と、笑顔の口元から覗く、白く輝く歯を見て、矯正歯科医になって本当に良かったと感じました。

以後もたくさんの良いスタッフや患者さんに恵まれ、ここまで医院を続けさせていただくことができました。その間、楽しかったことや苦しかったことなど多々ありましたし、これからもあると思いますが、一人でも多くの患者さんに本当の笑顔、心からの笑顔を届けることを使命として、スタッフ一同がんばって明るく楽しい診療所作りに励みたいと思います。

副院長紹介

プロフィール

  • 1986年 3月(昭和61年)福岡歯科大学卒業
  • 同年4月(昭和61年)福岡歯科大学矯正学講座入局
  • 大学で学生の指導を行う
  • 1990年10月(平成2年) ひめの矯正歯科を福岡市に開業
  • 1993年 8月(平成5年) 日本矯正歯科学会認定医取得
  • 1999年 8月(平成11年)現住所に移転

所属学会

  • 日本矯正歯科学会
  • 日本顎関節学会
  • 日本舌側矯正歯科学会

私は熊本県の八代市で生まれ、四人姉妹の次女です。小学校時代はソフトボール、中学校時代はバスケットボール、高校・大学時代は剣道と、とにかくスポーツ大好きな活発で明るい少女時代を過ごしました。

私の父は八代市内で内科を開業していますが、子供の頃から父の仕事風景を見るのが大好きで、診療室の横にある薬局が私の遊び場でした。

当時は往診があるため夕食を一緒にしたことは殆どなく、たまに一緒にした時は嬉しかったことを覚えています。また常に最先端の治療を心がけていた父は、よく新しい機械を買っては母と喧嘩し、よく聞くセリフが「金のことを考えていい治療ができるか!」でした。 今では母の苦労が良く分かりますが、当時は子供ながらに赤ひげ先生の様でカッコイイと思っていました。

口元が気になった中学・高校時代

歯について興味を持つようになったのは中学校時代でした。先輩や友人から「歯が出ているね」「口元は手で隠した方が可愛いよ」など時々言われるようになり、気がつくと笑う時は常に口元を隠すようになっていました。
それからは、自分の横顔を鏡でよく見るようになり、“なるほど、私の口元はこんなに出ていたんだ!”と大変ショックを受けたことを覚えています。そのため、中学・高校時代は自分の顔がどうしても好きになれませんでした。

矯正を始めた大学時代

赤ひげ先生のような父の背中を見て育つうちに、自然と医学の道を志すようになっていたと思いますが、自分の口元がコンプレックスだった私は、歯のことに強く興味を持っていたので、医学より歯学の道を選びました。そして、それまでコンプレックスだった口元を何とか変えたいと強く思い、大学に入学すると同時に矯正治療をはじめました。治療期間中に担当医が3~4人かわり、治療終了まで6年程かかりましたが、装置が外れた時の喜びは今でも忘れられないくらい、最高に嬉しかったことをよく覚えています。

中学・高校の同窓会などで以前の私の口元を知る友人に再会すると(お化粧しているせいもあるとは思いますが)「整形した!?」と言われたりもします。その言葉に、はじめはなんだか複雑な思いでしたが、“それだけ自分の顔貌が以前と変わったんだなぁ”と複雑ながらも嬉しい気持ちになります。大学時代の矯正治療によって、なにより自分に自信が持てるようになり、何にでも積極的に取り組めるようになりました。
そして、いつしか“矯正で人生が変えられるなら、私もたくさんの人を幸せにしたい”と強く思うようになり、卒業後は何の迷いもなく矯正科へ入局しました。

そして今へ

あの時、矯正治療をすることを決意していなければ、今の私はなかったと思います。
念願の矯正歯科医になってから、現在に至るまでたくさんの患者様の治療をさせていただきましたが、皆さんの装置を外した時の本当に嬉しそうな顔を見る度に、22年前のあの感動を思い出します。
そしてその度に、“本当に矯正歯科医になってよかった!”と心から思います。 これからも、自分の口元にコンプレックスを持っていらっしゃる方にこの喜びと感動をぜひ味わっていただきたい!そして積極的で前向きな人生を送って、もっともっと幸せになってほしい!と強く願います。

診療スタッフ

吉岡(よしおか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトニングに興味のある方は何でもお聞きくださいね♪

添田(そえだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ未熟ですが、少しでも皆様が快適に過ごせる空間を作りたいと思っています。
何でもお話しましょう♪体を動かすことが大好きなので、特にスポーツのお話でも♡

外園(ほかぞの)

外園(ほかぞの)

 

まだまだ経験は浅いですが、一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします!

 

 

髙島(たかしま)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンバってます!!

受付スタッフ

松石(まついし)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さまのお喜びの素敵な笑顔を見ることが私達の喜びでもあります。
笑顔でハッピーをモットーにご来院をお待ちしています!

長宮(ながみや)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

笑顔と気配りを心がけ、患者様に安心して来院いただける様がんばります。
些細な事でも相談していただけるような信頼できるスタッフを目指します。

託児スタッフ

竹口(たけぐち)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

患者様が安心して治療を受けられることをモットーにお子様をお預かりすることを心がけております。

<p class="shared"><a href="http://himeno.org/contact/"><img class="alignnone wp-image-16 size-full" src="http://himeno.org/pdaechaizaiChax3oboodaejieGaexah/wp-content/uploads/2014/09/bnr01.png" alt="" width="696" height="144" /></a></p>
<p class="shared"> </p>

モニター募集中

資料プレゼント中

スタッフブログ

ひめの矯正歯科のご案内

福岡市天神で子供の矯正治療 小児矯正