無料カウンセリング予約はこちら

子供の矯正の時期について

乳歯から永久歯への生え変わりには個人差があるため、年齢や学年で決めるよりその子の成長具合でスタート時期が違います。
たとえば受け口の場合は永久歯が生えて無くても早めに治療を開始すべきです。
通常は乳歯と永久歯がどちらもある状態で治療を開始するのがよいでしょう。

子供の頃から矯正をすることには大きなメリットがあります

⇒抜歯の際は4本抜くケースが多く、患者様の大きな負担となります。

子供によって歯の生え変わりには(男女でも違います)個人差があるので、気になった段階で一度医師に見てもらうことが重要です。

<p class="shared"><a href="http://himeno.org/contact/"><img class="alignnone wp-image-16 size-full" src="http://himeno.org/pdaechaizaiChax3oboodaejieGaexah/wp-content/uploads/2014/09/bnr01.png" alt="" width="696" height="144" /></a></p>
<p class="shared"> </p>

モニター募集中

資料プレゼント中

スタッフブログ

ひめの矯正歯科のご案内

福岡市天神で子供の矯正治療 小児矯正